Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy 旅する食するイタリア】

イタリア全国、北から南を縦断すると様々な名産品に出合います。

旅することは、土地の名物を食べることでもありますよね。
今回は、南イタリア名物のTaralli(タラーリ)をご紹介します。

今では北イタリアのスーパーでも売られているので
既にご存じの方も多いかもしれませんね!

 

Taralli(タラーリ)とは?名前はギリシャ語から?

 

Taralli(タラーリ)は南イタリア カンパーニア州と、プーリア州の名産の固焼きパン。
発音は、耳で聞くとタラーリより、タラッリと聞こえます。

名前の由来は、ギリシャ語のToros(トロス)によるものと言われています。
Torosの意味が「円形状」なのです。
Taralliの形も円形ですものね。

食べるとサクサクとした食感で、パンというよりはスナック菓子のよう。
レストラン、トラットリアに入ると、アンティパストとして出てくることもあります。
ほどよい塩味で、白ワインが欲しくなります。

ここでは、プーリア州のTaralliをご紹介しますね。

★プーリアのTaralliの主な材料は、
小麦粉、塩、オリーブオイル(豚のオイルを使うところも)、白ワイン

発酵しないで生地を茹でるのが特徴。
ピエモンテ州のグリッシーニのように、サクサクしています。

 

大きさによって名前が違う

Taralli(タラーリ)じゃなくて、Tarallini(タラリーニ)じゃないの?と
思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、大きさによって名前が違います。

・大きい方がTaralli(タラーリ)、約4~4.5センチ

・小さい方がTarallini(タラリーニ)、約2.5センチ

 

スーパーでは袋詰めにされて、小分けの袋で売られています。
(下の写真)

3 tipi di taralli

 

味に豊富なバリエーションあり

写真左はTaralli(タラーリ)で、
右側のTarallini(タラリーニ)と比べると大きさの違いは明らか。

色の違いからもわかるように、味(生地)にバリエーションがあります。

・砂糖をまぶした、お菓子バージョン
・玉ねぎ入り
・ポルチーニ入り
・オリーブ入り
・ドライトマト入り

ですが、一番驚いたのは、オレンジ色のペペロンチーノ味。

これは、辛かったです。と言ってもキムチほどの辛さはないけれど、
プレーン味になれていると「辛っ!」と思うかもしれません。
(辛いもの好きな人は、気にならない辛さでしょう)

 

★左の緑色はRapa味。
これは、プーリアの料理に使われているCima di rapa (チーマディラーパ)、
西菜の花と言われている、少し苦みのある緑野菜。
Rapa味のTaralliは、少し苦みありますがそんなに気にならず食べれます。

★右側は、プレーンなノーマルタイプ。うっすら塩味で美味しいです。

 

taralli e tarallini

 

●コーヒー味のタラーリはいかが?

 

 

お土産屋さんでは大きめな袋で

スーパーで気軽にTaralliは買えますが、
お土産屋さんに行くと、少し大きめの袋に入って量も多めです。
(現地に行かれた時のご参考に)

写真は、黒オリーブ味です。
塩味もプレーンタイプより少々強め。

taralli olive nere

 

お砂糖をまぶしたココナツ味です。
これはお菓子として食べて美味しいです。現地で見かけたらお試しになってみて!

Taralliの豊富なバリエーションがあるので、
ちょっとお腹が空いた時の足しに、
または甘いお菓子として、お楽しみくださいね♡

taralli zuccherato al cocco

 

●プーリア州から、コーヒー味のタラーリ!

Booking.com
*上記よりBooking.comで予約&宿泊いただきますと、
ご紹介で2,000円相当の特典がございます。よろしければご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る