Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy ~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。
イタリア旅のおすすめと、美味しいものナビゲーションを
させていただいておりますEtsukoです♡

イタリアのクリスマスの定番といえば、パネットーネとパンドーロ。
クリスマスシーズンの到来を伝える名物お菓子で、11月から街にその姿を現し始めます。

パネットーネとパンドーロ、クリスマス時期に欠かせない名物

この時期、
「パネットーネ」か「パンドーロ」で、どちらのパンを食べるか話題にもなるほど。
私のイタリア人友達は、圧倒的に「パンドーロ」派が多いです。

ここ数年、日本でも「パネットーネ」が売られるようになり、輸入品を扱うお店、
クリスマスパーティ等で見かけるようになりました。
一方で、日本では「パンドーロ」はまだ知られていない様子。

イタリアでは、どっちも美味しいので両方いただくという人達もいます。
(いいアイデア)

さて、この2つの名物、一見似てるようですが実は味、形が全然違います。

 

Panettone Classico

 

 

パネットーネは、「大きなパン」の意味

ロンバルディア州、ミラノの発祥と言われています。
Panettone 大きなパンという意味。
一説によると、Toniのパン(pane di Toni)が訛ってパネットーネと なったとか。

上が焼きあがって丸く盛り上がった形状で、
生地はドライフルーツがたっぷり入り食べ応え十分。

Panettone Classico

 

パネットーネの断面。
干しブドウたっぷりのクラッシックタイプです。

今は、チョコチップ入りやナッツ入りのパネットーネが売られて、
かなりバラエティに富んでいます。

Panettone 断面

 

 

パンドーロは、「金のパン」?

同じく北イタリア発祥で、
こちらはベネト州のロミオとジュリエットで有名なヴェローナのお菓子という説あり。

パンドーロという名前は、
イタリア語で書くとPand’oro 金のパンという意味を持っています。
上から見ると八角形の星形で、ケーキのようにふんわりした生地。
中には甘いクリームが(クリーム無しもあります)。

 

Pandoro Classico

 

パンドーロ、その食べ方に大きな特徴あり

箱から出すと、八角形の星形のパンドーロの他に、
・粉砂糖の袋
・大きなビニール袋が現れます。

食べ方を知らないと、一体このセットは何だろう?って思うかもしれません。

まず、パン生地をみると一見パネットーネみたいです。

 

Pandoro Classico

 

大きなビニール袋の中にパンドーロと粉砂糖を入れて、
上下に振り動かして、粉砂糖をまんべんなくつけるのです。

Pandoro 粉砂糖

 

 

出来上がりは、真っ白。
食べ比べると、
パンドーロの方が、パネットーネよりお菓子っぽいなと思います。

Pandoro 粉砂糖で真っ白に

 

パンドーロの断面は、きれいな八角星形です。

Pandoro 断面

 

 

パネットーネ、味のバリエーション増大中

クリスマスシーズンが近づくと、お菓子屋さん、スーパーマーケットの棚には
シンプルなクラシックタイプだけでなく、
「こんな味まで売っているの?」と驚くほど、バリエーションが豊かです。

それでは早速、パネットーネからご紹介させていただきます。
(これもパネットーネ?と思うほどに変化球もあります 笑)

・チョコレート入り

Panettone cioccolato fondente

 

Panettone Choco Brownie

 

・ヘーゼルナッツ入り

Panettone Nocciolato

 

柑橘系タイプも

Panettone Creama agli Agrumi di Sicilia

 

さらには、こんなテイストまであって少々驚き。

・ズッパイングレーゼ味

Panettone Zuppa inglese

 

同じく、パンドーロも豊富なバリエーション

スーパーなどの陳列棚には、
あまりにもありすぎる種類で、悩んで決めれないことも!

パンドーロも、パネットーネ同様に様々な味が増えています。
毎年異なる味を買って試すのも楽しいかもしれませんね。

 

・レモンクリーム入り

中身はレモンクリームですが、外側は白い粉砂糖。

Pandoro crema al limone

パネトーネで、外側に振り掛けるお決まりの粉砂糖も、
下記にご紹介するパネトーネでは「白砂糖」ではなくなり「茶色」。
もはや違うお菓子になっているような?!

・チョコレートトリュフ味

Pandoro tartufo

 

・ティラミス味

Pandoro tiramisu

 

・チョコレートチップ入り

Pandoro al cioccolato

 

おわりに

写真で見るパネットーネとパンドーロの違い、いかがでしたでしょうか?

実際に、二つを食べ比べてみるとその違いは明らか。
生地の柔らかさは、パンドーロの方がふんわりキメが細かくて、
また、生地の外側はパネットーネの方がパンらしく食べていて「皮」を感じます。

今では様々な味の種類が売られていますが、
個人的には昔からのクラシックタイプのシンプルな味が好きですね♡

年に一度のクリスマスシーズン、
色々試して自分好みを見つけてみてくださいね!

 

Booking.com
上記のBooking.comをクリックして予約&宿泊いただきますと、
ご紹介で2,000円相当の特典がございます。

直接Booking.comのサイトで予約しても得点はございませんので、
よろしければ上記をご利用下さいませ。

 

Facebook にシェア
LINEで送る