Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。イタリア旅のおすすめと、
美味しいものナビゲーションをさせていただいております
イタリア旅ライターのEtsukoです♡

 

行事の際には、伝統行事のお菓子があるイタリア。

2月の謝肉祭(カルネヴァーレ)の際は、
揚げ菓子があるように(見た目ほぼ同じで、イタリア各地で呼び名は異なる) 、

3月19日に父の日、サン・ジュゼッペ (San Giuseppe)があります。
このサンジュセッペの日、その前後にいただくお菓子としてゼッポレ(zeppole)があります。
形は丸くて、ドーナツをイメージするとわかりやすいですね。

*サンジュセッペは、聖ヨセフと書かれていることもあります

 

3月19日サン・ジュセッペの日とは?

イタリアでは、1年の365日それぞれに聖人がいます。
聖人とはどんな人物なのかと言うと、
・キリストの弟子として、一緒に旅をした12人(12使徒)
・カトリックや町に献身的に尽くしたり、貢献、殉教した人
・天使
・キリストの母、マリア様

サン・ジュゼッペ(San Giuseppe)は、キリストの養父、つまりマリア様の夫。
マリア様は受胎告知を受けキリストを産んでおり、ジュゼッペは育ての父親。

キリストを大切に育てた父、ジュゼッペの日が3月19日祝日とされています。
(父の日)

 

Zeppole

 

 

父の日のお菓子、ゼッポレ

3月19日当日、その前後に食べられているのがゼッポレ(zeppole)です。
下記の写真右側がゼッポレ。
ドーナツの形のシュー生地を揚げて、カスタードのクリームと
上に粉砂糖を振り掛けて、アマレーナ(チェリーのシロップ浸け)をのせたお菓子です。(焼いた生地のゼッポレもあり)

正式な名前は、
Zeppole di San Giuseppe(ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ)。

今イタリアで広まっているゼッポレのレシピは、1837年ナポリ発祥のものと言われています。

ちなみに小さいサイズもあり、
ゼッポリーネ(zeppoline)と言う名前で売られています。

見かけたら、召し上がってみてくださいね。

 

父の日のお菓子 Zeppole

 

================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★LINEトラベルjp・ナビゲーター
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/
選りすぐりのイタリア満喫スポット、お土産、郷土料理、ワイナリー、
チーズ工場、アグリツーリズモ等をご紹介中!

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/
ガイドブックにはないイタリアの穴場な町をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/
より身近なイタリア情報を写真、動画で日々更新中

Booking.com(ご紹介特典)お一人様一回限りのスペシャル!
https://www.booking.com/s/50_8/photoy84
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ

Facebook にシェア
LINEで送る