Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy ~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。
イタリア旅のおすすめと、美味しいものナビゲーションを
させていただいておりますEtsukoです。

今では世界中で知られているバレンタインデーの2月14日。
イタリアではSan valentino(サン・バレンティーノ)です。

 

イタリアでバレンタイン当日はどう過ごしてる?

日本とは過ごし方が異なります。
(日本では女性から男性にプレゼントですものね)

イタリアではカップルがお互いにプレゼントしあったり、
男性が赤いバラを女性にプレゼントしたり、
デートして美味しいものを一緒に食べて、楽しい時間を過ごしています。

一番重要なのは、一緒にいて過ごすこと。
イタリアでは、カップルの日ですね。

 

バレンタインデーの由来は、帝国の危機に関わっていた?

もうご存じの方も多いと思いますが、
「バレンタイン」の名は、
3世紀のローマにいたキリスト教のバレンタイン司祭のこと。
2月14日はこのバレンタイン司祭が殉教した日なのです。

なぜ、殉教したかと言いますと。
3世紀のローマではローマ帝国を守るため強兵策の一つとして、
時の皇帝クラウディウス2世が兵士の結婚を禁止していました。

クラウディウス2世は、軍人皇帝としては統治は堅実で、
ローマ市民には人気があったそうです。

その頃、ローマ帝国は蛮族、ゴート族が侵入し略奪され放題、連敗だったところへ、
初めて撃退しゴート族を追い出したのが、皇帝クラウディウス2世だったのです。

皇帝はローマ帝国を守るための軍隊整備に急いでいたにもかかわらず、
肝心の兵士たちが戦地へ行きたがらない。その理由として、愛する人の元を去りたくない。
しかし、国の危機が迫っているときに恋愛している場合か!と
皇帝は結婚禁止令を出したのでした。

しかし、そんな中においてキリスト教のバレンタイン司祭は、
こっそりと兵士たちの結婚をさせていたのです。

そのことが皇帝に知れることとなり怒りをかって投獄。
当時のローマは、まだキリスト教ではない時代で(キリスト教は迫害されていた)、
皇帝はバレンタイン司祭に改宗を迫りますが司祭は断り承諾せず。
そして2月14日に首をはねられ処刑されたのでした。

今では、バレンタイン司祭の死を悼むために、
聖バレンタインデーとなったという説が有力です。

中世には恋人達の聖人として、
民間信仰されはじめて恋人達が祝うようになったと言われています。

一説によると、このバレンタイン司祭は実在した人物ではないとの話もあり、
真実は謎?!

ですが現代のイタリアでは、2月14日は「恋人達の日」として過ごしています。
San Valentino!!♡

 

San Valentino

 

==========================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★Travel.jp たびねす トラベルナビゲーター 2017年10月より
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】2015年4月より
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/ イタリアの各都市をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】2017年3月より
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/

 

Booking.com(ご紹介特典付き)
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る