Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。
イタリア旅のおすすめと、美味しいものナビゲーションを
させていただいておりますイタリア美食旅ライターのEtsukoです♡

*当ブログ内の写真、文章の転用を禁じます。

 

見た目にパンナコッタと似てますが

biancomangiare

 

この2ヶ月、料理作り三昧な日々でした。

プリモのパスタやリゾット、セコンドでは名物料理、そしてドルチェも。

パンナコッタを作った後に、ビアンコマンジャーレを作りたくなり。
気になりつつも、しばらく間があってようやく作ることができました。

見た目にビアンコマンジャーレ(Biancomangiare)は
パンナコッタと良く似てますが、食べるとやはりそれは似て異なるもの。

一番は材料が違うこと。
ビアンコマンジャーレには、アーモンドミルクが使われ、生クリームや牛乳は使いません。
また、シチリアの名物お菓子として知られています。

レシピも土地によって違いがあるようです。

 

 

中世時代は「聖なる食べ物」とされていた

 

ビアンコマンジャーレの歴史は、13世紀の料理書籍にその名前が登場し、
ヨーロッパ各国で広まったお菓子でした。

フランスではブランマンジェ、日本でもよく知られていますね。

イタリア語でビアンコマンジャーレの意味は、
Bianco(白い)+mangiare(食べ物)で、「白い食べ物」

宗教的にも白くて清らかな「聖なる食べ物」とされていました。

白に様々なものを浄化するイメージがあり、
白いものを食べて身を清めるという意味合いで、ヨーロッパ各国へと広まっていったのです。

この「白い食べ物」は、キリストが復活する前の四句節に食べられていたそうです。

1077年の「カノッサの屈辱」で知られる歴史的事件の際に、
ローマ教皇グレゴリウス7世と、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世のために作られた料理に
ビアンコマンジャーレがあったと言われています。

カノッサの屈辱って?という方は下記をご参考ください。

カノッサの屈辱 Wikipedia

 

 

ビアンコマンジャーレを手軽に

 

アーモンドミルクを火にかけて

 

さてさて、ビアンコマンジャーレを手軽に自宅で再現!

【材料】5~6個分
アーモンドミルク(無糖)  500cc
グラニュー糖   65g(好みで)
ゼラチン 10g
水(ゼラチンふやかし用)100cc
*お好みで飾り用のナッツや、フルーツ

【作り方】
①ゼラチンに水を入れて、ふかやしておく(混ぜる直前にレンジにかけて溶かす)
②鍋にアーモンドミルク、グラニュー糖を入れて混ぜ合わせ、火にかける
③粗熱が取れたら、器に注いで冷蔵庫で冷やす
*一時間半冷やすとしっかり

 

 

粗熱をとって器へ

 

冷蔵庫で冷やして、一時間半後、
お好みでフルーツや、ナッツを飾って完成。

ふんわりとアーモンドの香りがします。

 

biancomangiare

 

 

 

★「甘くて、にがくて、深い 素顔のローマへ」
著者:水谷 渚子

 

★最後はなぜかうまくいくイタリア人
日本経済新聞出版社 ソフトカバー

 

★フィガロ ヴォヤージュ Vol.35 ミラノ、ヴェネツィア、北イタリア巡り。
(美食もアートも手仕事も! )【イタリア旅行ガイドブック】

ライティング依頼、旅の問い合わせは下記のフォームから

================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★LINEトラベルjp・ナビゲーター
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/
選りすぐりのイタリア満喫スポット、お土産、郷土料理、ワイナリー、
チーズ工場、アグリツーリズモ等をご紹介中!

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/
ガイドブックにはないイタリアの穴場な町をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/
より身近なイタリア情報を写真、動画で日々更新中

Facebook にシェア
LINEで送る