Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。イタリア旅のおすすめと、
美味しいものナビゲーションをさせていただいております
イタリア旅ライターのEtsukoです♡

クリスマスツリーはいつ飾る?

11月下旬から、日本では早くもクリスマスツリーが飾られているところもありますね。
(いわゆるクリスマス商戦)
いつ飾ってもいいようなイメージがありますが、
実は、イタリアでは伝統的に飾る日が決まっているのです。

それは、12月8日。
無原罪の御宿り(Immacolata Concezione)
マリアの母アンナが「情欲の交わりなしに」、マリアを身ごもったのが12月8日とされています。

聖書で「無原罪の御宿り」は、聖母マリアは原罪なしに生まれてきたとする教義です。
「情欲の交わりなしに」身ごもったということで、キリストの母マリアは汚れなき存在であると説かれているのです。

詳しく知りたい方は、Wikipediaの無原罪の御宿りをご覧下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E5%8E%9F%E7%BD%AA%E3%81%AE%E5%BE%A1%E5%AE%BF%E3%82%8A

キリストの母であるマリア様が、汚れなく母アンナ(キリストの祖母)に宿された日に、
クリスマスツリーが習慣的(伝統的)に飾られているのです。

 

Modena

 

なぜクリスマスツリーを飾るの?

古くは北ヨーロッパのケルト信仰に基づいていると言われています。
一年で最も日照が短い冬至の前後に、葉を枯らし落とすことがない常緑樹を魔法の力を持つと信じられているのです。

常緑樹とは、一年を通して常に緑葉をつけている樹木のことで、
クリスマスツリーの木として有名なのは、もみの木でしょうか。

キリスト教の信仰では、木は「生命の木」として重要な意味を持っています。
キリストが後に貼り付けにされる木は、
旧約聖書のアダムとイブが、神様の言いつけを破って食べた知恵の木だと言われています。
それが後にシンボルを飾るクリスマスtリーになったという説があります。

 

いつクリスマスツリーをしまうの?

年末年始、イタリアに行かれたことがある方、滞在されている方はご存じと思いますが。
クリスマスの25日を過ぎてもツリーは飾られています。
よって元旦もツリーはお家の中にあるのです。

一体いつしまうんだろう?素朴な疑問ですね。

ツリーは1月6日エピファニア(公現祭)の日に片づけるとされています。

イタリアではプレゼントはサンタクロースではなくて、
ほうきに乗ったベファーナおばさん。

彼女が子どもたちにお菓子を持ってきてくれて、
帰りにクリスマスの飾りつけを取り去ると言われているのです。
ゆえに、ツリーを片付ける日となったそう。

クリスマスから、お正月にかけてイタリアへ行かれる方は、
ツリーに注目されて旅行すると興味深いかもしれませんよ!

*関連記事
1月6日魔女ベファーナは、エピファニアの日にやって来る。

 

albero di Natale

==========================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★LINEトラベルjp・ナビゲーター
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/
選りすぐりのイタリア満喫スポット、お土産、郷土料理、ワイナリー、
チーズ工場、アグリツーリズモ等をご紹介中!

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/
ガイドブックにはないイタリアの穴場な町をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/
より身近なイタリア情報を写真、動画で日々更新中

Booking.com(ご紹介特典付き)
https://www.booking.com/s/50_8/photoy84
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ

Facebook にシェア
LINEで送る