Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。イタリア旅のおすすめと、
美味しいものナビゲーションをさせていただいております
イタリア旅ライターでフードアナリストのEtsukoです♡

 

ゴミの分別、結構しっかり分けています。

 

イタリアのごみ分別

お友達からふいにメールが届き。

「ゴミの分別しっかりやらなきゃ!」

そういえば、今まであまり思っていなかったけれど、
イタリアのゴミの分別ってあるのだろうか?と思うほど
ゆるいイメージがありましたが。

あるんですよね、結構しっかりと。

イタリアでゴミのことをrifiuti(リフィウーティ)と言います。

ゴミの分別収集のことを、Raccolta differenziata(ラッコルタ・ディフェレンツィアータ)です。

ゴミはわかりやすく色分けで説明されています。
説明文の色分け通りに、収集場所のゴミ箱も色分けされています。

 

収集場所へ、ゴミは日中に出しましょう

 

ごみ収集場所

 

町の中を歩いていると見かける、大きな専用のゴミ箱。

基本的には、いつ出してもいいですが、
夜分は物騒なのでお日さまのある明るいうちに出す方がいいでしょう。

 

ゴミの内容によって、蓋が色分け。

●オレンジの蓋
プラスチック、缶、アルミ缶、他にアルミホイル

 

●青い蓋
紙、新聞、雑誌、包装紙、ノート、牛乳パック
牛乳パックは開いて出しましょう。

 

ごみ収集場所

 

●グレーの蓋
一般ゴミ、プラスチック、レジ袋、お菓子の袋等。

 

ごみ収集場所

 

 

瓶用と生ゴミ用もあり

 

イタリアのごみ分別

●茶色のゴミ箱は生ゴミ用
野菜の皮、卵の殻、食べ残した惣菜等。
その他には、コーヒーのかすやお茶の葉、生花

●緑のゴミ箱
ガラス瓶(中身は空にして出します。液体が入っていないように)

 

ホームステイ先やお友達の家で、
ゴミの分別を聞いてみると、結構きちんと皆さん分けてるなぁという印象です。
きれいな家、町はやはり見ていて気持ちいいものですよね。

 

==========================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★トラベル・ジェーピー トラベルナビゲーター 2017年10月より
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】2015年4月より
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/
イタリアの各都市をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】2017年3月より
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/

 

Booking.com(ご紹介特典付き)
https://www.booking.com/s/50_8/photoy84
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る