Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy 旅する食するイタリア】

イタリア旅をして各地に訪れると、もれなく名物お菓子に出合います♡

今回はラツィオ州 ローマ発祥と言われる
ローマっ子が大好きなMaritozzo(マリトッツォ、マリトーゾ)をご紹介いたします。

*maritozzoの発音はマリトッツォですがが、
実際に耳で聞くと、マリトーゾにも聞こえたのでここでは両方を記載しました。

 

甘い味にふさわしいロマンチックな由来あり?!

私は知人のロマーノがたまたま大量のMaritozzi(maritozzoの複数形)を
持っていた時に見せてもらい、このお菓子のことを知ったのでした。

生クリームとパンがよく合って、とっても美味しい!
すぐファンになりました。

Maritozzoの起源や由来を調べてみると
いくつかの説がヒットしました。

★イタリア語のMarito(マリート)から来ている?
イタリア語でMarito(マリート)は夫を意味します。
未来の妻となる女性(婚約者)が、
未来の夫(marito マリート)から受け取るという
甘いお菓子にぴったりな、ロマンチックな説。

★Maritoが寝ている妻のために?
Marito(マリート)が、ベットでまだ寝ている妻のために、
朝食用に甘いパンを買いに走ったとか…。
そこからこのパンの名前がMaritozzoになったという説。

 

古代ローマ時代からあった?

調べてみると、その他にもありました。

★Maritozzoは古代ローマ時代からあった?
さかのぼること古代ローマ時代。
男性達が結婚したい女性に、Maritozzoを贈る習慣があったそう。
当時のパンは干しブドウと蜂蜜が入ったパン。

さらに、もう一つの説も見つけました。

★四旬節(quaresima クアレジマ) の食べ物として作られた?
中世時代、パン屋さんでカトリック教会の四旬節(quaresima クアレジマ) の食べ物として
売られていたそう。
(*四旬節 quaresimaとは、復活祭前の40日の準備期間のこと)
この四旬節の40日間は肉食を断つ期間で、
禁欲生活をしていた時に、ローマで作られるようになったお菓子がMaritozzoという説。

 

いづれも、夫である男性側から、女性に贈られていたようですね♡

ああ、こうして書きながらも
写真見ているだけで食べたくなってきました(笑)

 

Maritozzo

 

お店により形、クリームに違いが。お気に入りを見つけて

Maritozzoはお店によって、
パン、生クリームの盛り付け方、クリームに若干違いがあります。

よかったら、こちらで写真のご確認されてくださいね。
ローマ市内のお店が掲載されています。
↓ ↓
Dove mangiare i maritozzi con la panna a Roma(イタリア語)

ローマでは、Barやパン屋さんで売られているので、
食べてみてくださいね♡とっても美味しいですよ!

 

Booking.com
*上記よりBooking.comで予約&宿泊いただきますと、
ご紹介により2,000円相当の特典がございます。よろしければご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る