Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy ~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。
イタリア旅のおすすめと、美味しいものナビゲーションを
させていただいておりますEtsukoです♡

キリストの復活を祝うパスクア。イタリアではとても大きな行事の一つ。
前回は、パスクワの語源、移動祝日、パスクアにまつわる豆知識を書きました。

パスクアの豆知識。その由来、何をする?なぜ移動祝日?そしてあの島は「パスクア島」だった!

今回は英語圏でのイースターと、
パスクアに欠かせないUova di Pasqua(イースターエッグ)についてのこと。
知っていそうで、知らなかったお話?!

 

イタリアではパスクア。英語圏のイースターの語源はどこから?

イタリアでは復活祭をパスクアと呼んでいますが、
英語圏ではイースター(easter)と呼ばれています。

その語源は、アングロサクソン族(ゲルマン民族の一部)の
ゲルマン神話に出てくる春の女神Eostre(エオストレ)という説が有力です。
Eostre エオストレ → Easter イースター

神話では春の到来を祝うため、
アングロサクソン族の人々は、女神Eostre(エオストレ)を祭り祝っていました。

*イタリアでは、なぜパスクアと呼んでいるのか?
その由来は、下記の記事ををご参考ください。

パスクアの豆知識。その由来、何をする?なぜ移動祝日?そしてあの島は「パスクア島」だった!

 

パスクアのシンボルは、ローマ教皇が取り入れた?!

Eostreは、
繁殖の象徴「ウサギ」を引き連れ、生命の象徴「卵」を抱えていました。

元々は、パスクア(復活祭)とゲルマン神話の春のお祝いは
関連していなかったのですが、

ローマ教皇グレゴリウス1世(在位:590年9月3日 – 604年3月12日)は、
受難の上に処刑されたキリストが三日後に「復活を遂げた姿」と、
卵が殻を破って「新しい生命の誕生する姿」とイメージが重なり、

キリスト教の普及に、同じ春の訪れの時期ということもあって、
お祭りを取り入れたという説があります。

教皇グレゴリウスⅠ世は、
ヨーロッパの宗教の伝統を取り入れることに熱心な人だったそうです。

 

Uova di Pasqua(イースターエッグ)

パスクアのお菓子として良く知られているのが、イースターエッグ。
イタリア語で、Uova di Pasqua(ウォヴァ ディ パスクア)

色とりどりに美しくデコレーションされた卵を指します。
今ではの卵型のチョコレートが多く出回り、
シーズン限定でお菓子屋さん、チョコレート屋さんに飾られ販売されています。
*英語圏ではイースターエッグと言う

 

 

パスクアのチョコレート

 

シンボルは「復活」の象徴

先程のゲルマン神話の春の女神Eostreと、
ローマ教皇グレゴリウスⅠ世の話に戻りますが、

卵は生命を宿し、生命が生まれ出てくる「復活」の象徴とされており、
キリストの復活、再生とイメージが重なります。

そのため、イタリア含め、ヨーロッパ圏ではパスクアの時期に、
卵型のチョコレートをあちこちでみかけます。

この時期、卵とともによく作られているのが『うさぎ』と『鐘』

なぜなら、

うさぎ = 豊穣のシンボル

鐘 = 教会のシンボル

*うさぎと鐘よりも、卵の方が多く飾られています。

パスクア前のお菓子工房

 

パスクア前のお菓子工房

 

 

毎年の風物詩としてのシンボルは「サプライズ付き」

パスクアのシンボルとしての卵は、「茹で卵」に色を塗って装飾していたのが
20世紀に入った現代では、「チョコレート」でつくられるようになり
お菓子屋さんのショーウィンドーに並べられて、毎年の風物詩となりました。

その卵チョコレートの大きさは、20㎝、10㎝等色々あります。

中にはSorpresa(ソルプレーザ) も入っています。
*英語でいうところのサプライズ

ここでいうソルプレーザ(驚き)とは、
チョコレートの卵を割ると、中にお菓子が色々入っているのです。

割ったら出てくる「何か」。
「何」が入っているのかお楽しみ!ということでソルプレーザ!

特別な日のお菓子としての卵チョコレート、
もったいなくてずっと飾っておきたくなりますが、
その反面 割ってサプライズを見る楽しみもあり(あぁ、葛藤!)。

Buona Pasqua!
今年も良いパスクアをお過ごしくださいませ♡

 

パスクア前のショーウィンドウ

 

 

==========================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★Travel.jp たびねす トラベルナビゲーター 2017年10月より
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】2015年4月より
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/ 
イタリアの各都市をご紹介しています。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】2017年3月より
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/

 

Booking.com(ご紹介特典付き)
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る