Facebook にシェア
LINEで送る

【Go to Italy ~旅する食するイタリア~】

ご訪問ありがとうございます。
イタリア旅のおすすめと、美味しいものナビゲーションを
させていただいておりますEtsukoです♡

3月17日はイタリアにとって記念日。
聖人の日など様々な記念日がありますが、この日は「イタリア王国」建国日。
「イタリア王国って?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

私達が知る現在のイタリアは、共和制国家の「イタリア共和国」。
その前身にあたるのが「イタリア王国」です。

1861年、3月17日にイタリア王国は誕生しました。

 

「イタリア王国」以前のイタリア

この「イタリア王国」は、イタリア人による初めての統一国家でした。
西ローマ帝国崩壊の5世紀から、
イタリア半島には様々な国が入り統治し分裂していました。

時代は移り変われど、
ヴィザンチン、イスラム、フランス、スペイン等の国々が
イタリア半島へ介入し、代わる代わる統治していたのです。

統一以前は「イタリア」は、地域(地方)の呼び名であり、
国としての名前ではありませんでした。

当時のイタリア地域は、
ミラノ公国、フィレンツェ共和国、モデナ公国、ヴェネツィア共和国等の
都市国家の集まりであって、半島全域が一つの国ではなかったのです。
分裂した小さな国々が集まって存在していた「地域」と言えるかもしれません。

今、耳にする街の名前(ローマ、ジェノヴァ、ピサ等)が
そのまま国(都市国家)だったというとイメージしやすいですね。

1861年に統一してから、160年も経過していませんからまだ新しい国です。
イタリアでは、今も自分はミラノ人、ジェノヴァ人というような言い方をするのは
かつての都市国家の名残りかもしれません。

当時のイタリアは、国として統一はしていませんでしたが、
ルネサンスでは芸術でリードし、食文化、地中海貿易、キリスト教世界など
様々な分野においてリードする存在でした。

 

Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II

 

イタリア統一、王国への道程は4人の存在あり

イタリア王国へなるべく19世紀後半に起きた統一運動を、
リソルジメント(Risorgimento)と言っています。

リソルジメントには統一の鍵となった4人の存在がありました。

まずは、
●サヴォイア家のサルデーニャ国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世。
(Vittorio Emanuele II)
初代イタリア国王となり、統一イタリアの象徴として
「イタリア王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ」と呼ばれました。
(Vittorio Emanuele Re d’Italia)

そして、「イタリア統一の三傑」と言われる政治家、革命家の三人達。

●伯爵カミッロ・カヴール(Camillo Cavour)
カヴールは外交術により、大国オーストリアやフランスの干渉を抱えつつも
イタリア統一を進めた人物。初代イタリア王国の首相。

●秘密結社・炭焼党Carbonariの元党員、ジュゼッペ・マッツィーニ(Giuseppe Mazzini)
秘密結社のカルボナリに入党し革命を目指すも組織に限界を感じ、
リソルジメントの初期に、「青年イタリア」(Giovane Italia)を結成。
分裂していたイタリアの統一を目指しました。
イタリアの自由主義、国民主義の高まりの中、ミラノやジェノヴァの革命運動を指導。

●軍人ジュゼッペ・ガリバルディ(Giuseppe Garibaldi)
イタリア王国の成立に貢献した軍事家。「青年イタリア」メンバーで、当時オーストリアからの
支配・介入 を受けていたイタリアのために戦うことを決意。
ジュゼッペ・マッツィーニに会い、カルボネリにも加わりました。
後にジュゼッペの理想主義と別れ、
サヴォイア家のサルデーニャ・ピエモンテ軍に加わって激戦を重ね、
イタリア王国成立の直前1860年に、通称「赤シャツ隊」と呼ばれる千人隊を組織。
シチリアを制圧し、治めた領土をヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上したのでした。

*ルキノ・ヴィスコンティの映画「山猫」に、
赤シャツ隊やイタリア統一へ向かう当時の様子が描かれています。

 

紆余曲折の末、1861年に半島統一

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は、第一次イタリア統一戦争での難局の中で
存命中の退位をした父カルロ・アルベルト(サルデーニャ王)より王位を継承。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は、大国オーストリアと激戦を幾度も重ね、
ガリバルディ率いる軍の活躍と、ガリバルディが治めた全領土をサルデーニャ王国へ
献上するという判断も相まって、
ヴェネトとローマを除いたイタリア半島が統一されたのでした。

そして、1861年3月17日にイタリア王国が建国制定。

イタリア王国は、1946年に共和制へ移行するまで続きました。

さて、何度もイタリアへ行かれている方はお気づきかと思いますが、
イタリア王国統一の鍵となった4人の名前は、
イタリア国内のあちこちで見かけることができます。

さっと述べると、
Via Cavour(カヴール通り)、Via Garibaldi(ガリバルディ通り)、
Via Mazzini(マッツィーニ通り)
コンテ・ディ・カヴール Conte di Cavour(イタリアの戦艦)
ヴィットーリオ エマヌエーレ2世のガッレリア(ミラノ)、
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂(ローマ)
ポルタ・ガリバルディ(ミラノ)

ミラノのDuomo近くのガレリアの中には、イタリア王国の紋章を今も見ることができます。

旅行中にどこかで彼等の名前を見かけたら、
イタリア王国建国のお話を思い出してもらえたら幸いです。

イタリア王国の紋章

 

==========================================

下記サイトにてイタリア国内の旅記事を書かせていただいております。
あわせてご覧くださいませ。

★Travel.jp たびねす トラベルナビゲーター 2017年10月より
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1026/

★Italia Press-Blogにて【理由はなくてもイタリアが好き♡】2015年4月より
http://etsuko-ciao.italia-giappone.link/
イタリアの各都市をご紹介。

★Facebookページ【Go to Italy 旅する食するイタリア】2017年3月より
https://www.facebook.com/gotoitaly2017/
グルメ、イベント、街の情報をお届け

 

Booking.com(ご紹介特典付き)
上記のご紹介URLより予約&宿泊いただきますと、2,000円相当の特典がございます。
直接Booking.comのサイトで予約しても2000円特典は付きませんので、
よろしければ上記ご紹介URLをご利用下さいませ。

Facebook にシェア
LINEで送る